メニュー

院長ブログ

虫歯の原因(2019.03.10更新)
虫歯にならないためには、虫歯の原因を知ることが重要です。歯の主成分であるリン酸カルシウムは、酸によってリン酸イオンとカルシウムイオンに分解(脱灰)され、酸がなくなると再び結合(再石灰化)します。食事を… ▼続きを読む

歯周病と出産(2019.02.15更新)
妊娠中は女性ホルモンの分泌が高まりますが、女性ホルモンは歯周病のある種の原因菌の増殖を促すことによって、歯肉の炎症を引き起こすことがあります。これを妊娠性歯肉炎と言います。 一方、歯周病の幹部から歯… ▼続きを読む

口腔ケアと肺炎(2019.02.13更新)
唾液などの口腔内物質が誤って気道に入り、歯周病などの原因菌など口腔内の細菌が肺や気管支に感染して発症する誤嚥性肺炎は、高齢者に多くみられる疾患です。 口腔内の衛生状態と肺炎の発症には深い相関性があり… ▼続きを読む

歯周病と心疾患(2019.02.09更新)
歯周病の原因菌は血液を通じて心臓などの臓器に感染を引き起こすことが知られています。心臓の内膜及び弁膜に発症する細菌性心内膜炎は、その原因のほとんどが口腔内の細菌です。また、歯周病の原因菌が冠動脈に感染… ▼続きを読む

歯周病と糖尿病の相関関係(2019.02.07更新)
高血糖状態が続くと血中のたんぱく質が糖化されますが、糖化されたたんぱく質は歯周組織に影響を及ぼすことから、糖尿病は歯周病の発症および進行のリスクを高めると言われています。 また一方で、歯周病が糖尿病… ▼続きを読む

歯周病と全身疾患の関係(2019.02.06更新)
歯周病は歯周疾患における慢性的な細菌感染症です。原因菌やその毒素、炎症物質が血管を通じて、患部から全身に影響を及ぼすことが明らかになってきました。また、糖尿病や骨粗しょう症が歯周病の進行を早めることも… ▼続きを読む

歯科衛生士さん募集。(2019.02.01更新)
水曜日及び木曜日もしくはどちらかお手伝いしていただける方。 … ▼続きを読む

歯ぎしりには2タイプあります。(2019.01.29更新)
1、グラインディング   歯をこすり合わせるタイプで「ギリギリ」などの音がします。 2、クレンチング   歯を食いしばるタイプで摩擦音はでません。 … ▼続きを読む

スタッフ募集(2019.01.23更新)
歯科助手及び受付をパートで週2~3日働ける方。 … ▼続きを読む

歯周病予防(2019.01.16更新)
歯周病は、歯と歯茎の間、つまり歯ブラシの届かないところから始まります。見た目はきれいでもひそかに歯周病が進行しています。定期的なチェックをお忘れなく。 … ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME