メニュー

虫歯の大きさ

[2020.05.12]
虫歯というものは小さく見えても歯の内側で大きくなっている可能性があります。これには歯の「象牙質」という組織が大きくかかわってきます。歯の一番表層にある組織は「エナメル質」という名前であり、非常に硬い組織です。この組織は虫歯菌でも溶かすのに時間がかかります。しかし、歯の内側にある「象牙質」という組織はエナメル質ほど固くないため、虫歯菌が容易に溶かします。そのため、表面の表層の虫歯が小さく見えても象牙質内で虫歯が大きくなっている可能性があります。

ブログカテゴリー

ブログカレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME